2011年03月25日

ミモザちゃん

この度の地震・津波によって被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。


あの大きな揺れのあった日から2週間が過ぎました。まるで2ヶ月が経ったと思えるほど長い長い2週間でした・・・。
日に日に不安なことばかりのニュースなのに、テレビの前から動けない私。あまりの惨状に続き、いったい日本はこれからどうなってしまうのだろうと、テレビやラジオの前にいては気が滅入るばかりだとわかってはいても少しの情報も逃したくなくて、他に何も手につかず・・・。
そんな毎日を続けていて、キャバリアちゃんの日記の更新もしないうちに、彼女は新しい一歩を踏み出していきました。

キャバリアちゃん、13日に本預かりさんのお家にお引越ししました。
かわいいお名前もつけてもらえましたよ、ミモザちゃんぴかぴか(新しい)
もうすでに預かり日記も始まっていました・・・(遅くなってスミマセン)

   仮ママまおさんによる
        ミモザちゃん預かり日記『ジャスミン気分』はこちら→

先住犬ジャスミンちゃんとまおさんママの下で、ミモザちゃんは着々と暖かい家庭での毎日に馴染んでいっているようです。
見たいひと〜〜!  『ジャスミン気分』へど〜〜ぞexclamation


あの恐ろしいほどの揺れがきた時、私はお散歩に出かける準備をしていました。
大きな揺れの時は、私はまずワンコを抱き寄せて揺れの様子をみます。これまではほとんどそれだけで済んでいました。
でも、あのときは違った・・・。「あ、これはまずい。」と考えざるを得ない揺れでした。
我が家のリビングは2階。5kgと7kgのワンコを抱えて階段を下りて外に出られなくなるかも知れない、と思い、よくないこととは思いながら2ワンを両脇に抱えて玄関先に出ました。道路や電柱が大きく波打つのを見て家が倒れるのではないかという思いで揺れの治まるのを待ちました。
また大きな余震がくるに違いないから、と2ワンにリードをつけ、キャバリアちゃんをカートに乗せ、ルークのリードをひいて家から一番近い公園に行きました。怖くて膝が震えていて、とてもひとりで家の中には居られなくて・・・。
同じように公園に逃げていたおばあちゃまとお話ししたりするうちに少し落ち着いてきて、急に寒くもなってきたので暗くならないうちに家に戻りました。

翌日はキャバリアちゃんの避妊手術です。ということは、今日のうちにキャバリアちゃんのシャンプーをしてあげなければならないのです。(手術後はしばらくシャンプーができないので・・・)本当ならあの時、お散歩に行った後シャンプーをするつもりでした。
いつまた大きな揺れがくるかわからない・・・。シャンプーの最中にまた外に逃げなければならないほどの揺れがきたら濡れたままで???
考えた挙句、上半身、下半身、手足の順に手早く洗ってはドライヤーで乾かして次の部位に、という方法でシャンプーしました。幸いにもキャバリアちゃんは文句もいわずおとなしく洗わせてくれたので助かりました。部位毎にドライヤーが終わるとほっとするのですが、また濡らしてシャンプーの泡だらけの時はヒヤヒヤです。「お願い!今は揺れないで!!」と祈るような気分でした。
あっという間に終わったのですが、まるで2〜3匹洗った後のように疲れました。。。

こわくて、怖くて電気を消すこともできずにまんじりともせぬ一夜が明け、翌日午前中にキャバリアちゃんを手術のために病院に届けました。最後の朝なのに、手術前だから朝ごはんもあげられず・・・プチ預かりは、最後に鬼のハハになるというこのパターンが多いです・・・たらーっ(汗)
そしてさらにその翌日から、キャバリアちゃんはミモザちゃんとしての新しい生活がはじまった、というわけです。


     3.8. キャバリアちゃん 004.jpg


これからの幸せを願って、ミモザちゃんへの応援をよろしくお願いします!!!

ニックネーム cotton-mama at 00:07| Comment(1) | プチ預かり*キャバリアちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちは^^ノ

保護して下さった方や、
プチ預かりさん、本預かりさん、
その他にも沢山の方に優しい手を差し伸べてもらったミモザちゃんは、
うちに辿り着いてくれました^^

シッポの毛もキレイになりました。
ケージの外を楽しめるようになりました。
お散歩も大好きになりました^^

本当にありがとうございました(●^^●)
http://tumugi.air-nifty.com/tumugi_no_mainichi/
Posted by かちゃ at 2011年07月15日 18:56